ページを選択

こんにちは!

昼間…たまには…と隣接市のイオンモールに買い物に行ってきました。
近場で唯一Francfrancがあるんだよね。
撮影小物用としてお花が欲しいと思ってまして…とは言え、何でも良いとは思えないので買い物がてら出かけてきました。
それにしても運転していると眠くなる前に汗をかくくらい暖かさでした。
地元で春を告げると言う”鬼祭り”は確かに終わったけど、この暖かさは異常!です。
週末にはちょっと落ち着くみたいですね。

久しぶりにレッスンで作った作品の紹介。
アトリエカルトナージュのカリキュラムは確かに終了したのですが、未だに名古屋へレッスンに通ってます。
受け入れてくださってる先生には感謝です。
多分…続ける人って少ないと思うんですよね。

「Boîte boule 」


多面体の箱になります。
コロンとして可愛い箱です。

最近のスマホは優秀で画像から文字を認識して翻訳してくれます。
日本人的感覚で訳して作ろうと思うと…フランス人の大雑把さに直面し、はて?どうしたものかw
って結構あるんです(少なくともなかった経験はほぼないですね)
そういった意味で…というか脳内で整理して自分なりに解釈して作る日本人ってなかなかすごくない?と。

本家本元では内側の作り方の説明は…見つけられませんでした。
なのでここは教えて貰って貼りました。
色が色だけに見づらくてすみません。


大きさですが、165×165×135、六角形の1辺の長さは50ミリ位です。
使用素材はスキバル、柄紙、クロス紙。
外側の大半は自宅に戻ってからの作業になりました。
蓋、別バージョン作ろうかなと思ってますが…多分やらないだろうな(笑)

作ってどこで使うの?なにを入れるための箱なの?と愛知県人からは猛烈なツッコミが確実に入る作品です。
これが東京や京阪神あたりの生徒さんだになるとどこで使うとか、何を入れるとかの疑問が出る事は少ないらしいです。
地域性、面白いです。